松本城      Matsumoto-jo Castle    11.Nov.2006         天空仙人の名城めぐり


松本城 画像 松本城 画像
拡大 画像Click拡大 画像Click

松本城 画像 松本城 画像
拡大 画像Click拡大 画像Click

松本城 画像 松本城 画像
拡大 画像Click拡大 画像Click

松本城 画像 松本城 画像
拡大 画像Click拡大 画像Click

松本城 画像 松本城 画像
拡大 画像Click拡大 画像Click

松本城 画像 松本城 画像
拡大 画像Click拡大 画像Click

松本城

Matsumoto-jo Castle

長野県松本市丸の内4−1

4-1,Marunouchi,Matsumoto-shi,Nagano


松本城と城下町

松本城はもと深志城と呼ばれ、中世には小笠原氏の一支城であった。 そのころすでに今の二の丸東側には市町が形成されていたが、西方一帯は沼地であった。 本格的な近世城づくいが始まったのは1580年代で、城郭と城下町一体の都市計画を推進したのは、 豊臣大名としてこの地に入った石川氏である。天守を建てたのは二代康長の時で1593〜94年と推定される。

三重の水堀と塁を巡らして郭の縄張りを行い、本丸と二の丸を内郭とし三の丸を外郭とした。 この広さはおよそ39万uで、内郭には天守、御殿、蔵など城主と藩の施設を置き 外郭は城主の親衛隊である上級家臣の屋敷地とした。 総延長3.5キロの塁上には透き間なく土塀をかけ、前面は完全囲繞の水堀で、 厳重な城門を構える虎口(枡形と馬出し)だけが場内への通路である。

城外は南から北へ通る善光寺街道に沿って城下町を割り、その東側に寺社を配置した。 城下の町筋は格子状のものより鍵の手やT字形交差が多い。 居住区分は厳格で士と、町人の混住はまったくなく、士や敷地は木戸の内と外に分けて中級と軽輩の居住区とし、 町人地は親町3町、枝町10町、24小路にランク付けして、身分と職業によって住まわせた。

左図は城郭の北東上空から南方を望む鳥瞰図である。

案内板より


旅のかけらのIndex天空仙人わーるどさくらのかんづめ日本の名城日本の名瀑


Copyright © 2006 I.HATADA All rights reserved.

inserted by FC2 system