大垣城      Oogaki-jo Castle     9.Nov.2017         天空仙人の名城めぐり


大垣城 写真
「大垣城」

大垣城 写真
「大垣城」

大垣城 写真
「大垣城」

大垣城 写真
「大垣城」

大垣城 写真 大垣城 写真
「大垣城 天守閣」
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城 写真 大垣城 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城 写真 大垣城  写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城 写真 大垣城 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城 写真 大垣城 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城  写真 大垣城  写真
「天守 最上階」
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城  写真 大垣城  写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城  写真 大垣城  写真
「東門」「東門」
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城 写真 大垣城 写真
「西門」「艮隅櫓」
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城  写真 大垣城 戸田氏鉄公騎馬像 写真
「戸田氏鉄公騎馬像」
拡大 画像Click拡大 画像Click

大垣城

Oogaki-jo Castle

岐阜県大垣市郭町2-52

2-52,Kuruwa-machi,Oogaki-shi,Gifu


大垣城(巨鹿(きょろく)城・麋(び)城)

大垣城は天文四年(1535)、宮川安定が築城した(明応九年竹腰尚綱の創建とも伝えられる)といわれ、 大垣市内を流れる水門川の流れを外堀に利用して築城されました。 天守は四層四階建て総塗りごめ様式で、大変優美な城です。

慶長五年(1600)、関ヶ原の戦いでは、西軍を率いた石田三成の本拠地となり、 その後、寛永十二年(1635)、摂津(兵庫県)尼ヶ崎より戸田氏鉄公が入城し、 戸田十万石の居城となり、以後明治維新まで続きました。

昭和11年には国宝に指定されましたが、昭和20年の戦火で惜しくも焼失してしまいました。 その後、昭和34年に、外観を昔そのままの容姿で再建され、城下町大垣のシンボルとなっています。


本丸・天守の変遷

元和6年(1620)天守は三階建てから四階建てに改築されました。一・二階の床面積は等しく、上層にいくに従って面積が減少する層搭型天守となり、 建物の高さは約18m、石垣は約6.4mで、東附多門、西附多門が付設され、本丸を囲む曲輪の要所には二重・三重の隅櫓が並んでいました。 いずれも白漆喰総塗りごめ造りでした。

昭和11年(1936)艮隅櫓とともに国宝に指定されますが、 昭和20年(1945)7月の空襲で焼失、昭和34年(1959)天守が再建されました。 平成22年(2010)天守と乾隅櫓を戦災前の外観に近づける改修を行いました。

屋根瓦と石垣

戦国期の大垣城天守は、瓦が使用され一部に金箔瓦も使われるなど、当時の政権の影響を敏感に受けていました。 また、天守三層南西櫓にある鬼瓦は邪鬼を踏みつけて天守を鎮護していて、極めて特異だといわれています。

現在の天守の石垣は、ほとんどが再建時に修復、積み直しされ、一部焼失前の状態をとどめているのみです。 石材は、多くは大垣城北側にそびえる赤坂金生山産の石灰岩で、フズリナ、シカマイア、ウミユリなどの化石も見られます。


大垣市指定史跡 大垣城跡

大垣城は、牛屋川を天然の外濠にとりいれた要害堅固な平城で、 天文4年(1535)宮川安定によって創建されたと伝えられている。

慶長5年(1600)関ヶ原合戦では、西軍の本拠となり壮絶な攻防戦が繰り広げられたが、 戸田家が入城してからは、歴代藩主と共に天下泰平の世を謳歌した。

先の戦災で惜しくも天守閣を焼失したが、現在城跡一帯は市民の憩いの場として親しまれている。

大垣市教育委員会

案内板より


旅のかけらのIndex天空仙人わーるどさくらのかんづめ日本の名城


Copyright © 2017 I.HATADA All rights reserved.

inserted by FC2 system